今年は作品も含め参加出来なかったよぅ(T-T)

日本最大の模型のお祭り‼

富山県より成功をお祈りしています。

我クラブ「YDCC」は”NASA”と”マクロスアタック”がお題でした。

NASA開発のUFOやアニメ「マクロス」のロボット「トマホーク」などを予定してましたが、未完成のまま箱に・・・(´;ω;`)

 

 

今日のレパートリーズは

No.0143「支那人のマッチ棒」

マジシャン マーティン=ガードナー氏の著書『マッチの即席奇術」の1つです。

左右に1本づつ手に持ったのマッチ棒。

「トォー」と気合をかけると右の手の中に2本が集合しているというもの。

 

現在ではスポンジボールの手順の中で演じるマジシャンが多い技術です。

10のカウントが終わると片方の手にボールが集合するあの手品です。

東洋から伝わったと記述のあるこのマッチの手順がこの手品の原型かと思います。

今から50年以上前の書籍で紹介されているおり、中国の方は流暢な母国語でまくしたてるテンポでやっていたのでしょうか?

絶対的なミスディレクションと東洋らしいユーモアとエネルギーを感じるいいマジックです。

私はあえて「アメリカ西部では・・・」とアメリカ発祥のマジックを装いながら、片言な英語表現で演じます。

・・・とある奇術雑誌によると

かのダイ=バーノン師もこのマジックを中国人風の言葉のなまりを交えてで演じていたとか。

師は中国人のユーモアや奇術がお好きだったのでしょうかね。