我が家の山は入山口から徒歩で20分ほど入り込んだところにあります。

地元の人以外は入らない場所です。

それでも年によっては蕨が他の人に摘まれていることがあります。

ここ数年入山口の山道が荒れたままなので、もしかしたら管理していた方が管理をできない状態になられたとか?

・・・などと考えられます。

 今年は筍が裏作の年と言われていますが、我が家は自分たちで食べるだけですので既に5回ほど食卓に並んでます。

今日はウドを収穫しました。

大量にあって取り切れない量でした。

天ぷら、味噌あえ、よごし、お漬物etc

この苦みと歯ごたえは癖になります。

まるで麻薬(笑)

当分スーパーでの買い物の量が減りそうでよかった。

 

今日のレパートリーズは

No.0150「増える1センチ」

以前のレパートリーでもパズルの手品を紹介しましたが、今回もタネは同じです。

そのレパートリーの原型的なやり方です。

昭和47年に紹介されたマジシャン ラドクリフ師のやり方です。

8×8僂量明傳僑㎠の正方形が面積65㎠の長方形になります。

是非写真のこのパズルを作ってタネを考えてみてください。

 

ピタゴラスの定義を知る数学好きにはとても簡単なトリックだとわかっていただけるはずですが、

中学や高校で習っていても、覚えていない事です。

数理マジックは種明かしも含め、お客様と楽しめます。

コメント
コメントする